初めて不動産投資(成功すれね、不労所得がざくざく入ってくるというイメージが強いですね)をする場合には、その物件の管理はどのようにしたらいいか、頭(インドでは子どもだからといってなでたりすると、とても失礼な行為になるそうです。神様が宿るところだから触っちゃダメなんだとか)の痛い問題だと言えるでしょう。 主な物件管理には、 ・入居者の募集と管理 ・更新、解約手続き ・家賃集金管理 ・住人のクレーム(苦情という意味で使われることが多い言葉ですが、こじつけや不当な要求というニュアンスを含むこともあります)処理 ・物件の補修、点検処理 ・清掃、植木剪定等の手入れの手配 等が挙げられるでしょう。以上のように、アパート(壁が薄くて隣のうちの物音が筒抜けという物件もありますね)やマンションの管理は、頭(脳科学的にわかっていることも多いですが、わからないこともまた多いでしょう)で想像しているほどには実は非常に手間がかかるでしょう。ですから、そういう時にはまず、不動産管理会社に一度、物件管理の全部をまかせてみては如何ですか。その上で、ちょっとずつ物件管理におけるノウハウ(物事のやり方や技術情報のことをいいます)を勉強していくのも、ひとつの方法なのですね。物件管理の業務内容を理解しきたら、自分でできる範囲は段々に管理会社からご自身の方へシフトさせていけば、管理手数料のコスト(あまりにも切り詭めると、品質が落ちてしまう可能性もあります)ダウンを計る事もできますね。ただ、やっぱり物件管理を行う際は、予想外の手間と仕事の量になるケースもあるそうです。出来れば、プロの不動産管理会社にまかせて、自分は資金管理等に専念したい所ですね。どちらにしても大切なのは、物件管理を任せる不動産管理会社の管理状況は自分の目で常に確認するようにすることです。その時、もし、管理に行き届いていない面があれば、空室になってしまった可能性もあるので、できるだけ早く管理会社へ注意しなくてはいけません。それでも管理が改善されいないと判断した場合には、思い切って管理会社を変更行う場合をオススメしますー